雑学の森

Monthly Archives : 8月, 2012

アトピー 治療では絶対に保湿が欠かせません

アトピー 治療では絶対に保湿が欠かせません。

皮膚がかさつく場合は、入浴後、アトピー 保湿で薬剤を塗ってもよいですが、かさつく原因を突き止めて、原因に応じた対策を行なってからにします。

アトピー 治療を進める前に、洗濯用品や牛乳アレルギーなどによるかぶれではないか、リバウンドでカサカサするのかをライフエネルギーテストやパッチテストで確かめましょう。

ステロイド依存性皮膚症のリバウンドなら、酸化コレステロールを捨てている大事なプロセスですので、アトピー 保湿でフタをするのは禁物です。そういう過程も考えないといけません。

アトピーの人は時々、カポジー水痘発疹症になることがあります。これはヘルペスウイルスの感染症で、このウイルスは多くの人が体内にもっています。

普段は免疫の力で押さえ込んでいますが、免疫力が低下すると、暴れだします。カポジー水痘発疹症は、免疫力が低下したときに、このウイルスが原因で起こる病気のひとつです。

症状は顔を中心として、小さな水ふくれが急に出てきます。この水ふくれは破れやすく、すぐに小さな廉爛(ただれた状態)になってジクジクしてきます。発熱はしたり、しなかったりです。

放置しても10日くらいで治りますが、早く治すには皮膚科を受診します。抗ウイルス薬を処方してもらって飲むと泊りが早いです。