雑学の森

Monthly Archives : 2月, 2012

柴犬飼い方をする時に一番大事なのは犬しつけトイレ

柴犬飼い方をする時に、一番大事なのは犬しつけトイレの事です。

犬飼い方では、初期の馴化、社会化期間の終わるころからブリーダーあるいは飼い主はトイレ・トレーニングを始めるといいでしょう。犬しつけトイレは悪い定着があると大変だからです。

感受性の重要な発達期間中には、恐怖を感じるような経験は避けるよう、少なくとも最小限にとどめるように細心の注意を払わなければなりません。

犬が成長するうえで、この時期に罰を与えては絶対にいけません。簡単に言うと飼い主には、犬のトレーニングに使える考え方、あるいは方法(道具)が4つあります。

これを適切に素早く適用すれば、犬は驚くほど早くあなたの望む行動をやってのけるでしょう。