雑学の森

コンテンツ型のホームページの特徴

アーツセンターのホームページは、オープニングでFlashの動画が再生されイメージを伝え終わると、言語をチョイスしている画面になります。

動画の部分で次階層の動きや、ナビゲーション部分のインタフェースを案内し、ランゲージをチョイスしたあとのページであっても無意識に操作する事が可能です。

このようにコンテンツ型のホームページは、多彩なコンテンツの振り分けや、グローバルな企業が言語の振り分け等に使用します。またFlash等を使い企業やウェブサイトのイメージを大事にする企業であっても使われます。

逆に、これらの事柄を必要としないウェブサイトでは意味がありません。

濱田大輔の【扇動マーケティング】

NIKE(ナイキ)のホームページは、ほぼ全世界にユーザがいる事から、言語の振り分けがなされています。 Flashが使用され言語の次のカテゴリーにまで一斉に移動する事が可能です。背景がグレーで右肩のNIKEのオレンジのアイコンと美しい商品画像が引き立っています。

 

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

COMMENTS