雑学の森

うつ病 症状を軽くするために接し方を周囲の人は気をつけてほしい

うつ病 症状を軽くするために接し方を周囲の人は気をつけてほしいです。

たとえば、ある谷で熊が出現したという情報が入ったとしましょう。原始人は隣の山に山菜を取りに行きたいと思っていたとします。

うつ病 接し方でもしその熊が隣の山まで進出してきたら……、もしそのとき自分が一人であったら……、もし逃げ道がふさがっていたら……と考えて、やはり命が守れない可能性があると判断した場合、慎重な原始人は山菜探りをあきらめたのです。

うつ病 症状の不安の制御のもう一つの大きな特徴は、夜眠らないようにさせるということです。

夜は危険な狼や熊がうろうろしています。そこでしばらくの間は夜にぐっすりと眠らず、警戒していなければならないのです。

うつ病患者の家族が気をつけること注意点に着目してください。

うつ病患者が「自分の人生や未来はすべて否定的なものだ」というのは、うつ病の症状としての思考の偏りが言わせているのだと理解してください。

それはまるで、ある色のサングラスをかけて自分の過去や未来を見ているようなものです。それを修正しようと説得しても無理です。

今は、本当にそう見え、思い、そう感じているのですから。

このような場合は、「そんなことないじゃない。学生のころは楽しそうにしていた」と指摘しても、「仮の自分だった」とか「あのころも本当は苦しんでいた」などと返されるだけです。

ご家族の場合は、「そうだったんだ。気がつかなかった」と自分を責めてしまうことになったりします。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

COMMENTS